ボランティアグループ 猫のゆりかご

MENU

国立地域猫の会

東京国立市

寄付のお願い

猫のゆりかごには保護猫のシェルターのようなものもありません。 やむなく保護した猫は、ケガや病気の治療費、避妊去勢手術、予防接種、餌代、その他諸々の雑費がかかり、里親さんに貰われるまでどんどん費用がかさんでいきます。
生涯介護状態のまま一生を終える子もいます。
目の前の猫を助けてほしいという連絡があっても連絡したらそれきり、すべてこちらが負担するケースが多いのが実情で、活動にはどうしても費用がかかります。

猫のゆりかごがどんな活動をしているのかはHP(会計報告)を見ていただければわかるかと思います。会員数も少ないため、みなさんのご支援が頼りです。この活動を続けていくためにも、ぜひ寄附をお 願いいたします。

寄付金以外に ペットシーツ、子猫用ミルク、子猫~老猫までのフード、 その他、猫に関する物ならなんでも結構です。よろしくお願いいたします。

お問い合わせ

ページトップへ